強い者が生き残るのではない。変化できる者だけが生き残るのだ。

全社でお客様の方向を向いている。
クライアントの、企業体制がすごい!スタッフ皆で対応!

私のクライアントの話なのですが、この前訪問していて、
素直に感激したことがあるんです。

今月から、ご依頼頂く内容が増えたので、数日滞在しているんですが、
クライアントの本部に数時間座って作業してたんです。

そうすると、ものすごい衝撃的な出来事が。

こちらのクライアントは、BtoCの商売で、サービス業を7店舗展開していて、
本部が1カ所ある。

その本部に居たのですが、バンバン電話が鳴ります。
私が作業をしながら耳に入ってきたのは、
お客様からの問合せに対して、本部スタッフさんがしている会話。

その接客レベルが、その辺のヤル気ないコンビニスタッフ顔負けの
素晴らしさ。電話は秒速で出るわ、丁寧に話すわ、予約はバンバン入れるわで、
その意識の高さにほほ〜と感心してしまいました。

「プロだ…」と、純粋に感激してしまいました。

だって、普段は企画や、デザインといった、
接客を行わない部署のスタッフさんですよ。(場合によっちゃ経理の方も!)

=================
強い者が生き残るのではない。
変化できる者が生き残るのだ。
=================
というダーウィンの言葉がアタマをかすめました。

あの対応の良さは、相当意識調整を行わないと出来ないはず。
あとで社長に聞いてみると、「最初は大変だった…汗」と。やはり…。
普通、事務職に就職したら、接客は自分の仕事じゃないって思いますよね。
それが普通です。でも今のビジネスは、普通じゃ生き残れない。

普通じゃない事を、実践している

だから、数年前にミッションをもう一度見直して、
「全員でお客様の方を向こう!」と再度決意したそうなんです。

ここは、すごく伸びるだろうな〜って、確信しました。

実は、集客できないっていう現象をみると
広告出そう チラシ打とう DM出そう
と考えてしまいがちですが、そもそも、どこがボトルネックなの?
と考える事が重要で、電話が鳴ってるのに、成約率が悪いだけだったりするんです。
でもそれは根深いから、なかなか改善するのは難しい。
現場にビッタリ張り付いて文化を変えないと無理です。

だけど、このクライアントは、
一番難しい「文化を創る」ってことを、ものすごく大事にしている。
「育て 育ち 進化し続ける仲間でありたい」っていうビジョンが、書かれてあるんですが、
本当に実践している。やっている社長は分かる。これはものすごく大変。

だから、
日頃Photoshopを触っているデザイナーさんも、現場に出てしまう。
全員で、お客様の方向を向こう。
足りない部分は助け合おう。
スタッフさんの行動が、文化になっている。
こんなにフットワーク軽い会社さんはあまり見た事がありません。

こういったクライアントに、関われて幸せです。
もっともっと、がんばっちゃうよ!(笑)

日本集客研究所
岸本 幸子

PS
ビジネスって、こういう事だと思う。
『誰かを喜ばせる』ために仕事をしていたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です